FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘色の王宮 0

秘色(ひそく)の王宮

中世ヨーロッパ風(あくまで「風」)の王宮物。口の悪い王子とその周りの人たちの日常。
思いついたネタから書きたいところだけをつまみ食い方式。好きなものだけ詰め込んだ感満載。それほど深く考えて書いていないのであまり細かいところに突っ込まずにお読みいただけると大変助かります。
※こちらは旧サイトに載せていた作品を文章を修正ののち、再録しています(大筋のストーリーは変わりません)。

追記からキャラクター紹介。

もしよかったらぽちっとしてやってください☆
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
***

フィオール・ガスリオム・マスカディア(ジール・ラフィはフィオ)
ゆるい癖のある淡い金髪、青い瞳。12歳。
現王と前王妃の間の子。第一王位継承者。王族のわりに言葉遣いが悪いが社交界ではそれなりに猫を被っているため評判は良い。弟(エルティオ)は目に入れても痛くない。

ジール(フィオールのみジル)
癖のある長めの黒髪に茶色の瞳。薄い褐色の肌。13歳。
名目上フィオの側仕え兼護衛だが実際は遊び友達。ナイフ投げが得意。フィオを唯一気兼ねなく殴れる人間(ラフィは性格上無理)。言葉遣いも態度も悪いフィオをたしなめる日々。

ラフィ・ライドン
ややくすんだ金髪。直毛。緑色の瞳。12歳。
王室付き庭師の息子。父親に任されている仕事は花壇の水遣りと雑草抜きのみ。フィオの命令により、周りに人がいないときはフィオとジールにはタメ語。生まれつき味覚が鋭い。

ルーディス・ハルシオン(フィオールのみルーディ)
オレンジ色に近い明るい茶髪。深い緑の瞳。24歳。
王国騎士団の副団長の一人。フィオの側近。もともと副団長になれる家柄ではなかったがフィオに気に入られたため下級貴族だが若くして副団長に命じられる。故に騎士団の中には煙たがる人間もいる。趣味はお菓子作り。

ベルデ・シュトライル(フィオールのみベル)
薄い金髪に薄青の瞳。19歳。
位の高い貴族の娘に生まれながらも騎士団に入った変わり者。フィオの側近でルーディスの部下。美人と呼び声は高いがポーカーフェイスと抑揚の無い話し方が災いしてか言い寄る人間は少ない。

エレーヌ・ソマリエ・マスカディア
栗色の髪に、髪と同じ栗色の瞳。26歳。
現在の王妃。元側室でフィオの母親が数年前に死去した後正室になった。美しい金髪とつつましやかで賢いと評判だった前王妃にコンプレックスを抱く。母親に生き写しなフィオに対しては心穏やかではない。

エルティオ・ソマリエ・マスカディア(フィオールのみティオ)
ふわふわの薄い茶色の髪に、栗色の瞳。8歳。
現王とエレーヌの間の子供。第二王位継承者でフィオールの腹違いの弟。甘やかされて育ったためか無邪気だが空気を読むのは苦手。兄さま大好き。苦手な教科は歴史と数術、好きな教科は美術。絵が上手い。

リザ・ガーライル 
癖のある赤毛に茶色の瞳。17歳。
それなりの家柄の次女で12人いるフィオ付きのメイドの一人。天然パーマの髪が嫌いでいつも小さく纏めて縛っている。そのせいか時々起こる頭痛に悩まされている。


参考>
平均寿命 男61歳 女65歳
結婚適齢期 20歳前後  
成人 15歳


秘色の王宮 本文へ→1話目(次の記事へ飛びます)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

祐

Author:祐
死ぬまでに物書きになりたい夢見がちな一般人。
驚くほどの遅筆ですが、数年に一作仕上げて新人賞に応募しています。傾向はややファンタジー。

※夕昏は正式には「ゆうぐれ」と読みません。そんな日本語が存在しているのかも微妙な線です。雰囲気のみで決めた名称ですのでご了承ください。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。