FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プーシキン美術館展他、展覧会いろいろまとめ。

美術館のまとめさえ追いつかなくなっている……。
ちょっといろいろやることがあってですね。涙。とりあえずコピペするだけの美術館まとめですが、自分の思い出用に載せておきます。

木島櫻谷展part1@泉屋博古館分館。狐の屏風が、欲しい。身を切る空気と静けさが伝わってくるよう。獅子の鬣は蛍みたい。あと、もっふもふの狸!もっふもふもっふもふ!!なんかさ動物の目が少女漫画みたいなんだよ。睫長くてツンとしてる。それと並んだ顔料みてるとなぜかテンションあがるわー(^-^)

ヘレンド展@パナソニック汐留ミュージアム。欧州のちょっと不思議な東洋趣味がとてもよくわかる。持ち手に中国人がついてます、とか。笑。欧州から見たら、日本の欧州趣味も可笑しいのかな??
立体的な陶器の細工が綺麗だった。ちょっとパステルカラーっぽく、ハンガリーさん感あってニヤニヤした!

近くに寄ったから、三菱みなとみらい技術館行ってきた!良い歳した女一人で。遠足の中学生?と、幼児連れの家族しかいなかったけど!恥ずかしさでくたばる奴はいない!
大画面楽しかったけど、酔いそうwww三半規管弱い勢は要注意。今回は宇宙だったけど、やっぱり明治の産業遺産気になる。

ひそかに一番テンションあがったのは、潜水艦と戦艦と戦闘機の模型だったっていうのはこっそり述べておく。
※ミリタリーマニアではない。ただの廃墟と工場好き。

ブリューゲル展@東京都美術館。もともと好みの画風ではないのだけど、この前見たバベルの塔がすごかったから来てみた。結果、私に解ったのはパパは偉大だということだけ...誠に申し訳ない。ピーテル1世は、細かいすげーってなるけど、ほかはぴんとこなかったなぁ。大理石に描かれた虫は好きだった!

一つの花が真ん中で紅白くっきりわかれてるカーネーション見て、あっ轟(焦凍)くんっとか思ってた......笑。
同じ絵に蝸牛だけでなく、ちっちゃくてんとう虫いたよ!

アラビアの道@東京国立博物館。サウジだから金銀財宝でギラギラしてるはず、という思い込みのもと行ってきた。そんなにギラついてなかったですけど(笑)、楽しめました。扉とカーテンすごかった!王宮とか神殿感満載。あと、会場の設営が素敵。表慶館の展示はいつも設営凝ってるよね。

ナバールといえば聖剣伝説、ナバテアといえばスカイクロラな私には、石碑群はさっぱりでしたがそれなりに見応えを感じたので、歴史詳しい人はとっても楽しいんじゃないかなー。墓碑の模様は凝ってて素敵でした。中の人はまさか遠い日本で飾られる日がくるとは思わなかったでしょうねぇ。。。

くまのもの @東京ステーションギャラリー
好きな建築家は辰野金吾さんと隈研吾さんと坂茂さん(というかこのお三方しか存じません・笑)!

素材の実物の一部と、模型がたくさんあって楽しかったけど、結果、本物に行きたくなったよー。以前石の美術館に行こうと試みて交通の問題で断念。いつか、いつか行く!隈さんの素材に対するコメントが詩的というか独特な視点で感嘆しました。品川新駅楽しみだー。

プラド美術館展@国立西洋美術館。何枚か並んでる肖像画をみて、あ、なるほどベラスケスに描いて貰いたいわって思ったり。
バリェーカスの少年が良かった!自分が描きたいから描いたって意志がある気がした(妄想ですが)。この少年と仲良しだったのかね?お花のブリューゲルは二つとも綺麗でした。

色絵JapanCUTE!@出光美術館。安定の仁清と波山。ステキ。欧州の日本の柄を写した食器類はさすがのドイツ。マイセンが一番上手だった。花の咲いた木を写した柄は、花を規則的に配置したい欧州の葛藤が見て取れて面白かった。笑。ワルシャワのお皿は多国籍で楽しかったな。ドット柄の狛犬欲しいなぁ。

チケット貰ったから現代アートの展示も見てきたんだけど、やっぱり平面の現代アート作品とはわかりあえない。良くも悪くもどちらにも心が動かないー
私にも描けるよね?って思ってしまう。自分がどんなに頑張っても模写できなさそうな作品が好きなんですよ。現代でもスーパーリアリズムとかは好き!

フジテレビ セットデザインのヒミツ展@放送ライブラリー。近くに用事あったのでついでに。ロンバケ、ラブジェネ、ビーチボーイズ。な、懐かしい。小道具置いてあったけど、記憶にない。てか、主題歌しか覚えてないwww

カラボギャラリー@東京工芸大学行ってみたよ!色をテーマに展示しているみたい?とても面白かったのでオススメ。アンケートがあまりにも簡素で、そんな遠慮しなくてももうちょっと質問多くても喜んで答えますよ!?って思ったり。笑。

色覚を考える展@東京工芸大学。犬の見え方を再現したVRとか、クラゲや蝸牛の目で見える風景とか面白かった!
人間の色の見え方は五種類あるらしく、それぞれがどんな色で見えるのか再現した映像はすごい。皆がみんな同じ世界を見ている訳ではないと、もっと広く知られたら良いなって思いました。

旅するヴェネチアン・ビーズ@町田市立博物館。ヴェネチアのビーズはアフリカに輸出していたそうです。いかにも欧州って感じの煌びやかなのばかりかと思っていたら、色々なビーズがあって楽しかった!
the欧州貴族って感じのビーズにときめき!シャネルのネックレスもありました。

町田市立博物館のすぐ近くに竪穴式住居もあった。2つあるけど、中入れたよ。結構広い!!
八重桜が綺麗でしたー。芝生のふかふか感は落ち着くねー

横浜市技能文化会館に、職人さんの道具を展示してるスペースがあるんだけど、林業の昔の鋸が漫画の巨大首狩武器のようで驚愕した。明治時代に大工さんが見様見真似で洋館作ったから横浜は和洋折衷なんだって。芝山漆器も有。最近作られたらしい紫色のバッスルドレス素敵だったー。横浜って色々あるね。

木島櫻谷part2@泉屋博古館分館。ソファに座って三方を美しい屏風に囲まれる贅沢!柳桜と秋草が特に好きだったな。柳の葉の下にひっそり落ちる花びらが可憐。細く長い薄は凛と美しい。鶴の屏風は竹の葉が線香花火のようで艶やかだった。桜の枝の塗り方が現代っぽくて時代の移り変わりを感じました。

プラド美術館展のポスターにつられて立ち止まったら、建築展(無料)ってあったから入ってみましたー。初スペイン大使館!っていうか大使館入館が人生初。せっかくスペイン語勉強してるから挨拶くらいスペイン語にすれば良かった。笑。

建築展@スペイン大使館。
(おそらく)スペイン国内の建物の写真とその設計図。今も使ってそうな建物から廃墟っぽいのまで色々。美しい。スペイン行きたい。白銀に塗った板?にプリントしてあるのか、写真が独特の光沢があって不思議な立体感もあり素敵でした。会場も光が気持ちいいお部屋でした。

プーシキン美術館展@東京都美術館。目玉は草上の昼食だけど今回の私的一番はルノワール。幸せそうで素敵!あとモネとルノワールの仲良しさが伝わってくるようでなんだかにっこりします。モネのライラックと睡蓮も好き。廃墟のユベールも!廃墟萌の私はすごく分かり合えそう~。

ルソーはなんか夢に見そう。見てたら唐突に彼方のアストラ思い出した。
ゴーガンは熟しすぎた果実の匂いがしそう。実は後期印象派はちょっと苦手。ゴッホも声にならない叫びが聞こえそうで、見てるとエネルギーを消費する。やっぱりふわふわした空気を集めたような初期の印象派勢がいいな。
スポンサーサイト
プロフィール

祐

Author:祐
死ぬまでに物書きになりたい夢見がちな一般人。
驚くほどの遅筆ですが、数年に一作仕上げて新人賞に応募しています。傾向はややファンタジー。

※夕昏は正式には「ゆうぐれ」と読みません。そんな日本語が存在しているのかも微妙な線です。雰囲気のみで決めた名称ですのでご了承ください。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。