FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥獣戯画発見!!!&緊張でお茶は飲めない…(茶の湯展)

珍しく連続更新。鳥獣戯画の喜びを皆さんに伝えたかった!!!


・茶の湯展(東京国立博物館)

茶の湯展行ってきました。
正直いつもなら行かないんですが、曜変天目が出ているのを知って。
ごめんなさい。私にはまだわびさびは早すぎるのか、あんまりお茶碗系は得意じゃないんですよね。
でも景徳鎮と仁清があって嬉しかったです。景徳鎮はさ、なんか輝きが違うから素人目にも結構わかるよね。あと、原羊遊斎の菊の蒔絵の棗は綺麗だった!以前出光美術館でこの人の蒔絵を見て素敵だな~って思ったんですよ。
あと、織部か楽焼だか忘れちゃったけど(黒って珍しいなって思ったことだけは覚えてる)、真っ黒い抹茶椀が本当に深い黒で素敵でした。

それと!!!!本館に鳥獣戯画甲巻の本物(らしい)が有りましたよ!!120分並んで1分くらいしか見られなかった、あれ(の、一部)!!嬉しすぎた!!
もうすぐ展示終了らしいので、鳥獣戯画好きは東博のホームページを早速チェックするのだーーー!!!


以下、Twitter感想。

茶の湯展@東京国立博物館もはしご。曜変天目を見に。混雑気味だったけど近くでじっくり見られて満足です。場所によって見え方違うから可能なら全方向から見よう!そして仁清がいくつかあって喜ぶ。可愛いよね!個人的には九州国立博物館の油滴天目がとても綺麗で好きでした。

一応元茶道部なんで、久しぶりにお点前したくなっちゃった。お菓子買う予算無くて、100均チョコで抹茶飲んでたけどな!そして茶室は安定の昼寝部屋wwww

本日一番の驚きは、東博本館。いつも8室だけは見るので行ってみたら、新指定の国宝・重要文化財特集で、まさかの「鳥獣人物戯画甲巻断簡」。あの鳥獣戯画の一部らしいですよ。蛙と狐可愛すぎか!!!ひとりでじっくり見られましたよー。もうすぐ期間終了なので気を付けて。
スポンサーサイト

アートというより……(バベルの塔展感想)

世の中はGWですね。まぁ、何時もの通り昼間っからPCに向かっている訳ですが。THE・インドア!!ひゃっほう!!
そんなわけで今回もペンタブ練習絵。酷いです(ズバッ)。でも載せるよ!なんかさ、基本的にダダ漏れで過ごしているから、恥ずかしいとかなくなっちゃったよね。恥ずかしさでくたばる奴はいない。慣れって怖いネ☆
ていうか自作小説を母親に見せた時を上回る恥なんてもうそうそうないと思う。あ、絵は追記からです。自信持って見せられるようになったら大々的に載せます(悪あがき)。


・ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展(東京都美術館)
最初の方はオランダの美術です。なんというか、オランダの美術品は他のところでも見ましたが、(良いとか悪いとかではなく)、イタリアやフランスに比べると庶民的だなって思う。いつだかオランダの美術は市民階級が中心に広まったみたいなことを聞いたことがあるので、そのせいでしょうか。そして国は関係なく、私は神話の類には興味があっても、宗教美術にあまり興味がないので(ごめんなさい)、前半はさらっと流し見でした。でも、装飾品の絵がめっちゃ上手な人がいましたね。
ヨアヒム・パティニールって人の風景をメインにした絵は色が綺麗で好きだったな。色合いがCGっぽいっていうか、ダリっぽいっていうか。好きな系統でした。青い方の絵のポストカード欲しかったけどなかった。残念。
ボスの絵はね~色々想像が捗りますね。特に放浪者(行商人)の方は短いお話一本くらい書けそう。真っ黒いコメディとか。笑。その想像力膨らむところが当時から人気なんでしょうか?
そしてボス風版画は楽しかったです。ただ、ちっちゃくて会場で隅から隅まで見るのは不可能ですね~。そのうち画集でも買おうかと。なんかこう毒のあるファンタジーは大好物なのですよ。で。それを目当てに行ったんですが、一番感動したのはバベルの塔でした。行くまでは「ふーん」くらいに思ってたんですが、会場の解説読んだらなにこれスゴイ!!と。教科書で昔見た気がするけど、こんなこと書いてあったっけ??芸術家っていうか、もう職人だよ、ほんと。行った方がいいよ、とおススメしたい展示会でした。会場に流れている映像も面白いですよ!私は普段映像モノは大抵スルーなんですが、今回は見てよかったです。

それでは、イラストは追記に。


以下、Twitter感想。

バベルの塔展@東京都美術館行ってきた!悪魔のような怪物のような妖怪のような者たちを目当てに行ったんだけど、バベルの塔すごすぎた!なにあれ米粒に絵を描く職人さんですかあなた!?という感じでした。どんなに目を凝らしても見えない。会場の設営と映像も良かったです。

そしてやっぱりがちゃがちゃにはまる。大抵欲しいのは出ない。二回やって三番目くらいに欲しいのが出たのでそこで涙を飲んで終了。お土産ショップも充実してて楽しいです。タラ夫くん(さん?)も発見。平日朝一だったせいかゆっくり見られて良かったです。

続きを読む

裏通りの拾う神 ― それぞれの明日 第1話

裏通りの拾う神 11話目更新。

裏通りの続き更新しました。
改めて読むと、後から書いた姫守日記の方が一応自分が成長しているのが見える気がします。
出来る限り修正して再録していますが、やっぱり限度がある。完成した当時はすごく良くできた気がしていたのに、何年も経ってから読むと本当にひどい。不思議なものですねぇ……。ていうか、本当に色んな意味でこっぱずかしい話だよ。あわわわ。
あと、イラストもそうなんだよね。出来上がった時はそこそこ気に入っているのに、時が経つとだんだんダメダメな気がしてくる。自分の見る目が向上したと思えばいいんだろうか……。

外部サイト「カクヨム」様のページに飛びます。→こちら

***

なんか頑張っているような頑張っていないような~というかそもそも頑張る方向を間違えているような~みたいな毎日です。まぁ何もやらないよりは良いよね、と自分を励ます。「現状維持」が私にとって一番の敵だと思うのだよ。

もし面白かったらぽちっと応援してやってください☆
にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村
プロフィール

祐

Author:祐
死ぬまでに物書きになりたい夢見がちな一般人。
驚くほどの遅筆ですが、数年に一作仕上げて新人賞に応募しています。傾向はややファンタジー。

※夕昏は正式には「ゆうぐれ」と読みません。そんな日本語が存在しているのかも微妙な線です。雰囲気のみで決めた名称ですのでご了承ください。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。