FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉にならない(ミュシャ展感想)

ペンタブ練習絵その2、ミュシャ展なんですが、胸張って見せられる出来ではないので追記に。ていうか、理想と現実の乖離って大きいよね……。
でも、私がとある理由で今後使いたい技術レベルにはわりと近づいてきている気がする。久々にPCお絵描きの楽しさを思い出しました。

・ミュシャ展(国立新美術館)
はい、スラブ叙事詩!!情報を捕捉したその日から楽しみにしてましたよーーーー!!感想っていうか、まさに「タイトルの通り」なんですが。久々に感動しました。
なんかもう言葉にならない程打ち震えるのは、ルーブルで見たサモトラケのニケ以来だよ。次点で、たしか新美で見たモネのサン・ラザール駅。
正直、スラブ叙事詩以外はだいたい見た事あったので流し見でした。堺のミュシャ美術館のものが多かったし。堺のミュシャ美術館はゆっくり見られていいよ!という訳で、今回は短いけど、言葉にならないので終わり。笑。
私は基本的に絵は感性で見るタイプなので、音声解説は借りないんですが、もう一回行く気でいるのでその時は借りてみようかな。次行ったときにまた何か有ればもう一回感想書きます。

ちなみに同日に「コレクターの眼 ヨーロッパ陶磁と世界のガラス」サントリー美術館も行ったんだ。日本の水色のお猪口みたいの超綺麗だった。宝石みたいにキラキラしている器も。あと、イタリアのガラス器。中世ヨーロッパのひらひらの服の襞みたいな麗しい食器があって美しかった。こちらはTwitterで書きたい事はあらかた述べたので簡単に。


以下、その日のTwitter感想。

ミュシャ展行って来た!開館15分前でもちょっと並んでいたけれど、第一陣で入れたのでじっくり見られましたー!チケット売り場も並んでいたので買って行ったほうがいいかも。写真撮影可能ゾーンもあり。すごすぎて声が出ない。みんな見た方がいいよ!行こう!!(注:開催二日目の平日です)

いやースラブ叙事詩本当に迫力あったー!この目で(しかも全部揃って)見られる日が来るとは思わなかったので、感謝しかないですよ!!もう多くは語らないよ。多分期待して行っても絶対損はしないよ。ミュシャ好きのお友達方々、行こう!私ももう一回行く!

コレクターの眼 ヨーロッパ陶磁と世界のガラス@サントリー美術館もはしご。主にオランダの陶器と欧州&日本のガラス。正直、フランス、イタリア、日本はさすがだなって思いました。特に陶器は輝きが違うのですぐわかりました。セーブルと明治日本のガラスがほしい。色が綺麗すぎる。眼福でした。

欧州の中でもフランスとイタリアのセンスの光っている感がさすが芸術の国。あとイギリスはすっきりしているけどちょっと重々しくて、ドイツは格好良いけど堅苦しい感じに、頭の中に某国擬人化漫画が駆け巡ってしょうがなかった。実は叙事詩の騎士団でも。いやだって衣装が。。別方向にも楽しみました。

はい、おたくでごめんなさい。だって銀髪赤目とか萌えざるを得ないでしょ>と、とあるいろんな意味での同士に向けて言ってみる。今度こそペンタブ練習に感想絵を描こうと決意中(宣言しておけばやるかな~みたいな……追いつめられないと出来ない)

続きを読む

スポンサーサイト

宿題には持ってこい!?(大英自然史博物館展感想)

ペンタブ練習用感想絵、ようやく普通に載せられるところまで漕ぎつけました。まぁもともと絵が上手ではないっていうのはご愛敬ですことよ!!本当はミュシャ展の方が先に行ったんですが、ミュシャ展の絵は鋭意作成中(そして途中で飽きてる……ぐふぅ)


・大英自然史博物館展(国立科学博物館)

大英自然史博物館展感想

絵を描くだけで力尽きた&大体言いたいことは言ったので、他箇条書きで。

・混雑してました(これから行く方は、Twitterで公式さんが混雑状況配信していますので参考になさってください)
・会場の設計が凝ってて素敵。特に、自然史博物館っぽくしてあるお部屋。
・三葉虫の化石の説明が……(驚愕)。ネタバレになるので言いません。
・プラチナコガネを見落とさないように気を付けて。
・再現CG映像が格好良い。まとめてゆっくり見たい。
・モルガナイト美しい。緑柱石って名前だけどピンクなのね!
・アレキサンドライトの色の変化が見てみたい。
・DNA!!!!

まとめ→大英自然史博物館行きたーい!!!!!


以下、Twitterの感想。

大英自然史博物館展行ってきた!先着順始祖鳥ピンバッチ貰えた!が、お土産のガチャガチャで始祖鳥ピンバッチを引き当てる悲劇。一緒に行った友達も同様な!素材は違う...か?呪われたアメジストか蝶かドードー欲しかったよう(´Д` )

でも呪われたアメジストの本物堪能したので満足!キリンとペンギンが色々すごかった。あと、常設展楽しかった!テンション上がる。シアター素晴らしいよみんな行こう( ´∀`)博物館のなかで七時間過ごしたぜ!が、すべて見終わらーず。また行きたい!

そしてたまたま見かけたちっちゃなペリドットを軽率に買ってきた!石だけ。だってカットも色も超好みだったんだもの。運命を感じたんだよ(おおげさ)。良い夢見られそうな気がしたんだ。あ、ちなみに千円強ですぜ!安い幸せ(*´∀`)♪
プロフィール

祐

Author:祐
死ぬまでに物書きになりたい夢見がちな一般人。
驚くほどの遅筆ですが、数年に一作仕上げて新人賞に応募しています。傾向はややファンタジー。

※夕昏は正式には「ゆうぐれ」と読みません。そんな日本語が存在しているのかも微妙な線です。雰囲気のみで決めた名称ですのでご了承ください。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。