FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性が解放される変遷を辿る(モードとインテリアの20世紀展感想)

金木犀の香りがしますね。
夜道を歩いていて、木が見えないのに、どこからかふわんと香ってくる瞬間はなんだか幸せな気分になります。

……そういえば姫守日記で金木犀ネタあるんだよな~書いてないけど。時間とやる気(←これ問題)が欲しい。時間が無いからやる気がでないのか、やる気がないから時間が無いのかどっちだ!!後者の気がするな。がくり。


・モードとインテリアの20世紀―ポワレからシャネル、サンローランまで―(パナソニック 汐留ミュージアム)

初めて汐留ミュージアムに行きました。やはりお初はちょっぴりワクワクしますね!
普段はあんまり服飾系は見ないんですが、なんだかやけに気になったので行ってみました。なんかさ、フェルメールっぽい見た目のドレスがさ、こうどうにも誘われるというか。笑。
いやー、着て……みても似合わないだろうから、これを着た美女が見たい!!とても!!
テニスウェア、スキーウェア、水着、なんかもありました。なのに、ドレス。これを着て海へ入れと?という。だんだん時代が新しくなっていくので、なんとなく中世から抜け出していく変遷みたいなものが見られて楽しかったです。コルセットが無くなったから、時代が新しくなるにつれ胸がはみ出しそうなドレスが減っていきます。あと、ファッション雑誌の挿絵なんかがたくさんありました。ちょっとジャポニズムっている絵があって、とても可愛かった。ポストカードなかったんだよ、残念。
一部屋だけ写真撮影可でした。最近、写真OKな展示会増えましたね。空いていたのでパシャパシャしてきました☆熱心に写真を撮っている壮年の男性もいました。デザイン関係の方なんでしょうか。
今、再発売しても売れるんじゃない!?と思うようなドレスもあり、楽しかったです。服飾に興味がある方にはおススメです~。
あと、島根県立石見美術館の写真がありましたが、とても行ってみたい造りの美術館でした。島根は行ってみたい美術館がたくさんある。石見銀山も行きたいし。。。

以下、Twitter感想。

モードとインテリアの20世紀展行ってきた!初、汐留ミュージアム。わりと近年までコルセットしてたんですねー。コルセットでテニスとか辛すぎる。フェルメールの地理学者みたいなドレスから現代でもパリコレで歩いてそうなドレスまでありました。ビーズのネックレスは頑張れば作れそうだったな。笑

そういえば、モードとインテリアでラウル・デュフィって出てきたけど、時代的にポンピ展と同じ人かな??
スポンサーサイト

裏通りの拾う神 ― 突然の訪問 第3話

裏通りの拾う神 八話目更新。

今回はちょっと短いです。ようやく終盤が近づいてきたなぁという感じ。更新が遅すぎていつまでたっても終らなくてすみません。。。。

外部サイト「カクヨム」様のページに飛びます。→こちら

***

今、次の投稿用の長編を書いていたんですが、その前に短編のネタが降ってきたので、そちらを先に書くことに。イキオイが有るときに書いた方が早く進む!!SFっぽい言葉がほんのり並ぶSFになりきらない未来もの。ずっとさぼってたので今度こそちゃんと投稿までたどり着きたいっす。ていうか一作書上げるって経験を随分していない(ダメじゃん)ので、ちょっと達成感ってやつを思い出さないと……!!!

もしよかったらぽちっと応援してやってください☆
にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村

自然を映した作家たち(ガレとドーム展感想)

おはようございます。雨ですね。ていうか、台風ですね。
明日、ダリ展と基一展をはしごしようと思ったのに、物理的に行けるのか不安になってきました。ダリ展混むだろうから、朝一スタートダッシュしようとわざわざ休みとったのに……あうう~
それはそれとして。各地で台風の被害が広がらないように祈ります。。。

・ガレとドーム展 美しき至高のガラスたち(横浜高島屋ギャラリー)
土曜日の昼過ぎに行きましたが、そこそこの混み具合でゆっくり見られました。
こんなに光当てちゃって大丈夫ですか?と思うくらいに美術展にしては明るめの照明で嬉しかったです。ただ、小さめの作品が多いので、遠くて透明なのは柄が良く見えないのがちょっとだけ残念。。。手に持って近くで見たいよう(無理・笑)。
展示構成はエミール・ガレ(本人)→ドーム→ガレ工房でした。ガレの工房はガレの没後も続いていたそうでそこで作られている作品が最期に飾られていました。ちなみに、エミール・ガレの作品も、絶対にガレ本人が一から作ったと証明されているものは無いそうです。まぁ、言われてみれば確かに、絵画も弟子がいっぱい手伝ってても作者名は有名な本人の名前で出ますもんね。
ガレ工房の作品は色はガレを引き継いでいる感じでしたが、なんというか一般化してしまったというか。万人に受けるように作られている感じでした。いや「商品」なんでしょうから当たり前かもしれませんが。
確かに買って家で使うならガレ工房だけど、美術館に見に行くならガレかな、みたいな。笑。ガレ工房はガレから毒が抜けちゃった感じなんですよ。いや、本当に綺麗なんですけどね。ガレとしては物足りない感じ。
そしてドーム。なんというか、ガレをシュッとした感じ(ざっくりすぎる)。なんか都会的になっちゃったなぁというか。こちらも買って家で使うならドームなんだけど、美術館で見るのはガレかな、みたいな……。すみません、結局ガレが好きなんですね。笑。三者三様それぞれの味があって、見比べられたのはとても面白かったです。
あと、ガレのジャポニズムの作品がたくさんあって楽しかった!桜とか小花とか。あと「ああ、宮川香山……」と思い浮かべるような作品とか。鯉に手綱をつけて貝の船を操縦するカエルの作品もありました(言葉にするとまったく良くわからないね!)。ちょっと変わったガレがたくさん見られるので、ガレ好きにはおススメです~。

以下、Twitter関連事項

ガレとドーム展@高島屋ギャラリー行ってきた!ガレよりドームのが上品な感じでした。ドームも綺麗だったけど、でも私はガレの毒々しさ(誉めてるよ)が好き。ジャポニズムってるガレがたくさんあって楽しかったです(*^-^*)

同じ階で現代のマイセンの展示即売会してたから見てきた。職人さんが絵を描いてた!細かくてすごい。けど、マダムに押されて輪から弾かれた。笑。立体の動物モチーフとか色々あって面白かったけど、壊したら怖すぎるので距離感(^-^;そうそうに退散。

あと、七階でガレとドームが買えるよ!もちろん買えないけど!!親切な店員さんがライトを当てて色の変化を見せてくれて楽しかった!すみません、万が一一発当てて裕福になったら買います(´Д⊂ヽ

幾つもの視点をもつ世界(エッシャー展感想)

おはようございます。寝ても寝ても眠いです。涼しくなると目が覚めないよう。。。
秋の長雨のせいか、さらに眠気増加。お布団が恋しい体をなんとか起こしてブログの更新!
昔はもっと早く起きて朝活していたのに、だんだん起きられなくなってダラダラとしちゃってるから、これから一日5分ずつ早く起きるようにするんだ!!!(決意)

・エッシャー展―視覚の魔術師―(そごう美術館)
開催一日目に行ってきました!混んでいるって程ではないですがそこそこ人が入っていました。さすがエッシャー!!
エッシャー展は数年前の渋谷のBunkamura以来かな??有名な作品は時々だまし絵展なんかで見かけますが。今回はだまし絵ではない、肖像画や風景の版画、本の挿絵なんかもあって楽しかったです。
特に風景がフェルメールのデルフトの小路を思い出す感じでファンタジックでステキだった!!風景もたくさんありました。ていうか、細かい。とにかく細かい。なんなの、変態の仲間なの!?(←褒め言葉)
そうそう、今回は版木も飾ってありました。細かい、とにかく細かい(しつこい)。
なんなんでしょうね、人間ってすごいですね。それが一枚や二枚ならともかく、何十枚もあるんだから恐ろしい。
エッシャーの年賀状(笑)もありました。これ、本人から毎年貰ってた人は今頃文化財ですね、羨ましい。本人直筆だろうから研究的価値もあるだろうし。関係ないけど、嘘かホントかうちの母親の実家は伊藤博文の直筆の手紙を風呂の薪にしたそうですよ。無知って恐ろしいナ……。
あと、エッシャーの動物ってなんか微妙にカワイイ!!あくまで微妙に!笑。
それと、だまし絵を再現した模型があります(絵をそのまま再現したわけではないです)。上手い位置で片目をつぶるか、写真を撮ると、エッシャーの絵のように見えるという立体。思わず子供のように本気でベストポイント探してしまいました。なんかこの、脳が騙されてる感はいいですね!!
お土産のポストカードですが、なんか不思議なサイズだな~と思ったら、裏面に英語しか書いてない。オランダ産っぽいな、これ。輸入葉書で150円はお安い気がします。全体的にお得感のある展示会でした☆エッシャーの風景だけを集めた図録が欲しい。。。


以下、Twitterの感想。

エッシャー展@そごう美術館行ってきた!意外にも風景版画や絵本の挿し絵がとても素敵(*^-^*)お馴染みの騙し絵の仕組みを立体で再現した物もありました(写真可)。エッシャーが表紙になったマガジンも!70円!笑。なかなか楽しい展示会でしたー(^-^)

Twitterまとめ 13

Twitterまとめも追いつかなくなってきちゃった。もっと小説とブログに掛ける時間がほしい。時間は作らなきゃできないんですよね~知ってるけど超ムズイよ><。
読んでくださる方、拍手やコメントくださる方、ありがとうございます!!とっても更新の励みです☆

***

なんとなく残しておきたいツイートだけ時々マニュアルでまとめてます。

お金の勉強三日目。日本語で勉強って素晴らしい。そんなに眠くならない。英語の勉強はなんか脳の違う分野を使っているのか、脳の疲れ方が違う。

掃除で達成感を感じるたび、わたしが達成したいのはこれじゃない、と思う葛藤。カズラとフジ、日本語は綺麗だね( ´△`)

成功する人っていかに時間をうまく使えるかだと思うんだよ。とほ。まあ、余暇がないとつまらない人間になるという考え方もあるけれど。。。私は自分に甘いからなー。むむ。

これ以上無駄な医療費使いたくないから、骨格筋を調べた。私たぶん右足の縫工筋が痛んでる。恥骨周辺の謎の障害を庇って上手に座れてないから負担がかかるんだよなー。とりあえずマッサージ!まあ、その謎の障害が問題なんだけども。笑。

TLがすっきりして勉強する時間が増えた。笑
知り合いにこの人はいわゆる天才だろうと思う人がひとりだけいるけど、その人は無駄と思う情報は世間でいくら流行ってても一切持ってない。つまりまあ、そういうことなんだよな。選ぶのと忘れるのがうまい。

珍しく異世界ファンタジー魔法使いネタが降ってきたから忘れる前に形に残さないと。でもふと気づけばまた中身老獪した子供だ。ふむ、わたし、外側子供とその下僕(若干の語弊有)が好きなんだなー。笑

人様の美術展感想が読みたくて時々ブログとか検索するけど、美術展の紹介ブログはたくさんあるけど
感想ブログってあんまり無い。あっても紹介メインちょっと感想。私みたいな人の美術展感想をがっつり読みたがる人間って少数派なの??感動を分かち合いたいYO......

そもそも長い文章が時代にそぐわないのかねぇ。活字中毒には寂しい時代になったなぁ。。。

美術館感想をがっつり書いているブログさまを発見したときは、昔懐かしい「好みの個人サイト」を発見したときの喜びと似ている。なかなか見つけられなくて、諦めた頃に見つかって結局もうちょっともうちょっとと探すのをやめられないんだよね。良い時代だったなぁ。。。

個人サイトを作ってた頃の画像加工技術やらタグの知識が時々今の仕事に役立つから人生ってわからない。全然そんなことないのになんかパソコン詳しい人と思われてる。笑。いえ、ただのおたくです。

そして何年たってもハマったものが代わっただけで、やってることは同じだな、と気付く今日。ではさようなら。

20年後にAIに仕事とられたら何で稼ごうかねー??
でもちょっとどんな世界になるのか楽しみだよね( *´艸`)SF好きの血が騒ぐ!

ふむ。強ストレスのとき、なんとなく喉の辺りにずっと違和感があるのってヒステリー球って言うのか。。。

ドライアイスセンセーションと聞いて、総身猫舌のツボを思い出す程度には漫画好き。逆だけど。

今思うと、最近の少年漫画ってあの頃に比べるとずいぶんぬるくなったよねー。たいして、少女漫画はずいぶんと過激になったような。草食化と肉食化は漫画の変化にあわせて時代が変わったのか、時代にあわせて漫画が変わったのかどっちだろう??

若冲のツイートは混雑と創作小説が大半だったけど、カラヴァッジョは感想ツイート多くて嬉しい。マリアのお腹は妊娠説が多いのかな?わたしクワシオルコールによる腹水かと思ったけど。顔色悪いし。色々人によって見方が違って楽しい。

靴をウォーキング用のスニーカーに替えたら美術館はしご出来るようになった。前は一ヶ所でダウンだったけど。そのため、余計お金を使う。笑。痛みがないって快適なんだなぁとしみじみ。痛いのが基本だったから気にせず歩いてたけど実は今まで結構無理してたのかもなぁ。。。皆も靴は良いのを買おう!


2474ツイートまでまとめ。
※TwitterIDは「@tasuku_yc」。トップの記事「ご案内」からリンクしています。

贅沢で安らかな時間を過ごす場所(宮川香山 眞葛ミュージアム感想)

大分前に行ったのに、ブログに載せる順番が前後してしまいました。私の大好きな宮川香山さんです☆

・宮川香山 眞葛ミュージアム
没後100年 初代宮川香山 優品ベストコレクションpart.Ⅱ展を見に行ってきました。
いやー、いつ行っても満足できる美術館ですね。三回目。言葉通り独り占めできるしね!
初代の遺作らしい、花瓶の口に小さな蟹がいる作品が出てました。以前も見たけど、これホントスゴイ。今まで見た香山の中で一番好きかも。花瓶自体は飾り気はなく、ただ本物みたいな蟹が一匹ついているんですが、おそらく釉薬の研究をした後だからか、すごい優しい色味でつやつやした蟹なんですよね。カワイイリアル。欲しい!(無理)
眞葛ミュージアムは、ほとんどの作品が裏側が鏡で見られるようになっているのが嬉しいです。
ここのところ色々なところで香山を見て、デコラティブな方(高浮彫)も可愛かったり細かかったりで好きですが、釉薬の研究を初めてからの色が美しい作品の方が好きかもしれないことに気付いた最近です。
高浮彫はすごいんですが、集中しすぎて疲れちゃう。綺麗な釉薬の方はなんかほっとしてずっと見ていられる感じ。
そうそう、今回は、香山が牧谿猿(だっけ?)を絵付けした茶碗や、鼠が可愛い掛け軸も出ていて楽しかった。美的センスと技術がある人は本当になんでもできるねぇ。羨ましいぞ!!
この美術館は、畳に上がって鑑賞するところがあるので、三日くらいここに住みたい。笑。
ちょっとわかりづらい場所にあるので、横浜の地理に詳しくない方には行くのが大変かもしれませんが、そごう美術館から近……いって程でもないけど、遠くもないので足を運んでみてはいかがでしょうか?そごうからベイクォーターを抜けていく方がわかりやすいよ!ただ、開館日が少ないのでHPは必ず確認を!!ついでにいうと、近くにあるディスプレイミュージアムも雑貨好きには楽しいよ!

以下、Twitter感想。

宮川香山眞葛ミュージアムもはしご。鳥の声(録音だけど)聞きながら畳で香山を眺められる世にも貴重な美術館。規模は小さいけど眞葛焼は真剣に眺めすぎて気持ち悪くなるからこれくらいでちょうどよい。笑。

三井記念美術館にあった氷窟白熊の鳥バージョンがあったんだけど、白い氷柱?の先が透明の釉薬になってるの!!氷が融けた水を表してるのよね!?すごすぎる。気付かなかったけど白熊もそうなってたのかな?
プロフィール

祐

Author:祐
死ぬまでに物書きになりたい夢見がちな一般人。
驚くほどの遅筆ですが、数年に一作仕上げて新人賞に応募しています。傾向はややファンタジー。

※夕昏は正式には「ゆうぐれ」と読みません。そんな日本語が存在しているのかも微妙な線です。雰囲気のみで決めた名称ですのでご了承ください。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。