FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過ぎし日の思い出(美術展・博物館感想)。

懐かしいもの巡りをしてきましたよ。というわけで、美術展・博物館感想。密かに美術館感想がブログの更新に追いつかなくなってきた。笑。今年は今までの人生で最多の美術館巡りになりそうなイキオイ。

・天野喜孝展 進化するファンタジー(有楽町朝日ギャラリー)
ファイナルファンタジーのイメージイラストを描いている天野さんです。
って、言っても私は特別FFファンなわけでもないんですが……。FF6.7.8しか知らないし(歳が分りますね!)
先日銀座でCANDY GIRL展を見た時にチラシを貰ったので行ってきました。ああああ、FF6懐かしいーっていうね。というか、チラシ見るまで知らなかったんですが、みなしごハッチやガッチャマンのデザインも手掛けていたそうです。色々な絵があって楽しかったです。特に野菜をイメージしたアニメーションの絵が可愛すぎて。眠れるレタス姫と言うらしい。今調べたらどうやら絵本のようなので見かけたら買ってみようと思う。しかも写真撮り放題という太っ腹。写真撮るのと見るのと忙しかったです。そんなに会場は広くないですが、もうちょっと入場料払っても惜しくないと思う充実感でした!絵が描けるって素晴らしい。


・明治大学博物館(注:残酷な、というかグロい話題が苦手な方はお控えください)
アイアンメイデンとギロチンのレプリカがあるのは日本でここだけだそうです。って、いきなり不穏な単語ですが。怖いの嫌いな方は、アイアンメイデンって何だろうと調べないように!友人とアイアンメイデンを見に行ってはしゃぐ女がここにいます。あと、おしゃべり女の仮面の写真を見せてもらった(怖いの嫌いな……以下略)。いえ、ちょうど中二病時代に大好きだった漫画(まだ家に保存してるよ)に出てきたもので。決して拷問が好きとかそういう怪しい趣味はありませんので。確か大河か何かのドラマで見た時代劇の石を抱かせる拷問器具もあったよ。って、一体何の博物館なの?って感じですが、れっきとした学術資料です。刑事部門という、罪と罰に関係した資料が置いてあります。他に、商品部門と考古部門がありました。商品部門は日本各地の伝統工芸品の展示、考古部門はその名の通り考古学的資料がありました。石がいっぱいあった!石が好き。黒曜石とかあのテカってしているところがときめく☆
大学の博物館だけあって、とてもマニアックでしたが、だがそこが良い!ちょっと見て出るつもりが結局一時間半くらいいました。他の大学の博物館にも行ってみたくなった。明治大学さんありがとうございます、どうもお邪魔致しました!


以下Twitterの感想。

天野喜孝展行ってきた!FF6のティナが魔導アーマー(だっけ?うろ覚え)乗ってる街の絵がたまらん。ポスターあったら買って帰るレベルで好き。なかったけど。涙。工場萌えーーー!そしてセリスが好きだった思い出。

あとはアイアンメイデン(レプリカだよ)見てきた!なんか呪われそうだったけど、写真も撮ってきた!!あとは黒曜石とか埴輪とか青銅の剣とかなんか心躍るものたちを色々。いつか創作に活かせたらいいなーと思ったり。でも古代ものを書く日は来ない......かなー

浅草の観光案内所からスカイツリーのライトアップ見てきたよ、と普通の観光もしたことを一応ここに明記しておきます。


良かったらぽちっとお願いします。ランキング参加中。→
スポンサーサイト

Twitterまとめ 8

なんとなく残しておきたいツイートだけ時々マニュアルでまとめてます。

感情をoffにするスイッチとやる気スイッチが欲しい。こころから。
ボーダーみたく記憶操作技術が欲しいな!時々唐突にワートリネタぶっ混むのは仕様だよ!

お寺の鐘の音って良いよね。昔、たまたま大きなお寺の夕方の鐘を鳴らすときに近くにいたんだけど、体にびりびり響く音波に感動したー。

今、森博嗣さんの四季「春」って小説を読んでるんだけど、思考と精神に対して、肉体的成長が追い付かない不自由さっていうのを、偶然にも腕に力が入らないことで実感している。体験することと、想像することにはやっぱり長い長い距離があるね。

写真を手元に写して線をなぞれる玩具があるらしい。カメラオブスクラ的な?フェルメールもびっくりだなー。自由工作でカメラオブスクラ作ってみようかと一瞬思ったのにすっかり忘れてた。笑。

カメラオブスクラってちょっとずるいなーと最初思ったんだけど、実際自分がやってみるとわかる。絵の素晴らしさは線画だけで決まるもんではないなぁと。同じ線画塗ってそこに個性が乗せられる人が才能がある人なんだなぁと思った。

冥王星のハート型の氷原とはなんてSFファンタジー。なんかお話が書けそう。

足が痛くたってやっぱり近くにおばあちゃんがいたら席を譲らない訳にはいかないよねぇ......。どうにもならないくらい痛かったら別だけど。
外から見えないけど障害がある人とかは結構苦しい思いをするんじゃないかなぁ。。。

あんまり知られていないけど、今度サントリー美術館で展示する眞葛焼は横浜の焼き物なんですよー。絵付けの焼き物は薄い桃色とか黄緑で鳥とか描いてあって可愛いし、立体的なのは熊とか蜂とか蛙とか蟹とか葡萄とかリアルで格好良いので、密かにオススメです。

やや混みの車内で二人分の座席の真ん中に座ってスマホに夢中の大人(推定20代)と、周りの大人が席に座らないのを確認してからちょこんと座って漫画を読む小学生低学年(推定)。マナーって年齢じゃないんやね。

遠くのものが二重に見えるのは乱視だと思ってたんだけど、複視ってやつっぽい。フィギュア見てると、シングルのはずなのに超完璧に揃ってるペアに見えるんだよなー。笑。これ、結構重症なんやろか......

食べることが完全にエネルギーを補給するための作業になってて、食事中他のこと考えながら食べてて、最後の数口で我に返ってもっと味わって食べれば良かったと思う毎日。作ってくれた人に申し訳ない。
そんな今日の私の昼食はいいとこの肉まん。貰った。

でも食べるの好きな人がほんとに幸せそうに食べてるのを見るのは好き。ご飯を美味しそうに食べる人は魅力があるよね。
ご飯を作るのに情熱を燃やせる人は格好良いと思うんだ。

目標達成のために今日何ができたか。小山さんの言葉が胸に刺さる。
なんもやってねぇ。。。あ、ブログ書いた!(←自分に甘い) 
あと、土田さんのいうように、どうやって経済を回すかって視点が私にはないなって思う。最近ちょっとだけ気付いては来たけど.......

昨夜は地獄の蓋が空いて(大げさ)、ひーひー言いながら戻ってきたら、朝録画が流れてて地獄の底の方を覗き見た気分になった。同族経営の闇は深い。みんなちゃんと「自分」を大事にしてほしい。

そんな私は夕飯にカキフライを食べて当たる。食後二時間くらいから食道が気持ち悪く若干の呼吸困難が始まり、それから三時間胃腸が気持ち悪い腹痛に。吐き気と下痢はなかったから食中毒では無さそう。さくらんぼアレルギーになったときと似てるから多分アレルギー性。もうカキは食べない。

リツイートのクーリエ・ジャポンの幸福の記事面白かった。特に後編。常々今の世の中は物質的でお手軽な幸福が飽和してると思ってたんだけど、おんなじようなこと書いてあってちょっと嬉しい(´- `*)

数ヵ月に一度、英語だけの求人募集メールが連続で来るんだが。怖すぎる。調べてみたら、そのお仕事すると犯罪に荷担することになるらしい。いや、お仕事しないけど。皆様もお気をつけ下さいませ。あ、ちなみに私個人は一応ウイルス対策してますよ!

サントリー美術館と根津美術館の建物が好きなんだけど、設計がおんなじ人だった!なんとなく嬉しい(^-^)他の建物も見に行きたくなっちゃうなー

普通になりたいって気持ちわかるわーみんなが出来ることができないのは辛いよな。と、今、ディスレクシアの方のテレビを見て思う。

普通じゃ無いものはたいてい否定される。相手に悪気はないってわかってても結構しんどいもんなんよなー。苦しんでることを気のせいとか言われるのが一番辛いから結局隠しちゃうんだよな。
だから本質が理解できないまでも受け入れてあげられる人間になりたい。


1504ツイートまでまとめ。
※TwitterIDは「@tasuku_yc」。トップの記事「ご案内」からリンクしています。

姫守日記 9、高台の幽霊 後

姫守日記の9話目の後編、更新しました。

9話目終了です。
久々に読み返してみて……この手の話を書くのにまだ私は実力不足な気がしました。なんか違うっていうか、上手く表現できませんが薄っぺらいっていうか。決して軽々しい気持ちで書いている訳ではないんですけれど。

星空文庫様のページに飛びます。→こちら

***

拍手を押して下さる方ありがとうございます。本当に励みになります!!
次回からはしばらく姫守日記はお休みして、違う話を連載するかもしれません。昔書いた話の改訂版。姫守のキャラは出てきませんが、姫守のプロトタイプ的な話が二つあって、そのうちの一つです。ちょっとまだ詳しくは未定なんですが。

もしよかったらぽちっと応援してやってください☆
にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へ
にほんブログ村

はるのあらしと美術館。

今日は春の嵐でした。本当にコートがいらなかった。
さて、恐怖の花粉症の季節がやってきましたよ。せっかくの暖かい風なのに、これからしばらく爽やかな空気を吸う事さえままならない自分が辛いです。ぐすんぐすん。

さて、四六時中体調の悪い私ですが、それでも美術館は行きます。ええ、行きますよ。「痛み<癒し」で、ございます。元気じゃねぇかというツッコミが聞こえそうですが。私、身体は弱いですが、抗体は強いんです。インフルエンザも風疹もはしかもおたふくも掛かった事ないよ!……そして予防接種をすると病気になりそうな気がして、後天的に抗体も作れないでいる(それはそれで問題)。まぁ、要するに祐は今日も元気です。

・ゆかいな若冲・めでたい大観 ― HAPPYな日本美術 ― (山種美術館)
行ってきました!国芳の「きん魚づくし ぼんぼん」が見たくて後期に。正面を向いてる子金魚のゆるかわいさは異常。かーわーいーいー!(気になった方はグーグル先生で画像検索してみよう!)あと、にゃんこ五十三次もシュールで可愛いよ。全部ちゃんと見たくて千円の展覧会画集買っちゃった!でも全作品網羅してて千円なのはとてもお得だと思う!
あと、土牛さんのゆる可愛さもイイ。干支の絵全部見てみたいな~。それと個人的に暁斎の浦島太郎の絵の亀の顔がたまらん。なんだあの気の強そうな顔!だが底が良い……じゃなくて、そこがイイ。
そして若冲。実はお絵描き教室に通ってまして、ほんのちょっとだけ水墨画の基本を教えてもらったことがあるんですが、そこで水墨画の難しさを痛感しただけに、若冲の凄さが今までより余計にわかりました。墨の滲みまでコントロールしてるんですね。もう意味が分からない。あ、それと今回出てなかったけど、以前見た御舟の墨画のお花も凄かったんだなって思いました。どれだけ描けばあれが描けるようになるんでしょう。想像さえできないよ。
残念だけど私には絵を描く才能がなかったので(才能って、センスのほかに、絵を「描き続ける」才能も必要だと思うの。少なくとも私には「描き続ける」才能が確実に無い)、絵が描ける人って本当に尊敬します。というか、何かを作り続けている人はみんな尊敬する。はー、私も何かを作り出す人間になりたいな。……って、あれ美術館の感想じゃなくなってるな。笑。

以下、Twitterの感想。

山種美術館行ってきた!静岡で出会った河豚と蛙、千葉で出会った海老と再会。若冲の墨絵はすごい。この前水墨画の触りを習ったんだけど、マジ無理って感じだったもの。あとは国芳と暁斎と土牛が気になった!

良かったらぽちっとお願いします。ランキング参加中。→

東京アートツアー その3。

またまたアートツアーin銀座。

サウンドプラネタリウム ~天空の鏡に響く、ハイレゾの歌~→10人のグラフィックデザイナーによる日本酒ポスター展→CANDY GIRL 天野喜孝展→土田康彦 ヴェネツィアン・ガラス展~カカオの香りに誘われて~→LIXILギャラリー

こんな感じ。おお、文章にして並べると結構たくさん回りましたね。
サウンドプラネタリウムのプラネタリウム部分はメガスターで有名な大平さん。見たのが後ろの方だったので、一番前で見たかったな。もう一回前の方でみたいな、と思っていたら会場を出たらすごく並んでいてビックリでした。なので諦めました。待ち時間0分(笑)で入ったんですが、すごいタイミングだったのかも。そして密かに1Fにあった、新しく開発したプラネタリウムの恒星原板にワクワクが止まらない。
日本酒ポスター展。私、日本酒にもデザインにも詳しくないんですが、なんかオシャレだった。格好良いデザインを作れる人は尊敬する!「日本酒ポスター展」でググるといくつか画像が出て来るので興味がある方は見てみてください。今回一緒に回った子は、一番好きな作品どーれだ?とか言い合えるので楽しい☆
天野さんのCANDY GIRL。申し訳ないんですが、実はTwitterで情報を拾うまでCANDY GIRLシリーズについては知りませんでした。可愛いけど色っぽいところもありつつ、ちょっとFFっぽい感じもあって面白かった。入口に天野さんの展示会のパンフレットがあって、なんかそれ見てたら行きたくなってしまった。ので、行くかも。。。。
土田さん。こちらはスイッチインタビューで作っていた作品が見られてちょっと感動。スイッチインタビューは食い入るように見てましたので。土田さんは何年か前に偶然紹介ドキュメンタリーをテレビで拝見して、その時から気になってていつか本物見てみたいなって思っていたので今回実現出来て良かったです。
で、LIXILギャラリーは、実はたまたま前を通りかかって、入口からおっきな丸い浴槽が見えていたので興味本位で入りました。なので実はショールームかと思って入った(笑)。そしたらなんとギャラリーでした。常時いくつか展示をしているみたいです。どれも良かったんですが、個人的には「マカオのアズレージョ -ポルトガル生まれのタイルと石畳‐展」に飾ってあった本物のタイルが嬉しかった。マカオに行ってみたくなっちゃった。それと街並みを印刷したおっきな暖簾みたいな飾り(名前がわかりません)が部屋に欲しい。あと、とあるお友達がきっとこの展示好きだろうな~と思いながら見てました。笑。近くに行ったらまた寄ってみたいギャラリーです。

以下、Twitterの感想。

銀座って来た!大平さんのプラネタリウム、天野さんのCANDY GIRL、土田さんのヴェネチアン・ガラス、これ全部無料で見られるんだぜ。銀座すげえ!
プロフィール

祐

Author:祐
死ぬまでに物書きになりたい夢見がちな一般人。
驚くほどの遅筆ですが、数年に一作仕上げて新人賞に応募しています。傾向はややファンタジー。

※夕昏は正式には「ゆうぐれ」と読みません。そんな日本語が存在しているのかも微妙な線です。雰囲気のみで決めた名称ですのでご了承ください。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。