FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘色の王宮 7

秘色の王宮 7話目。

最終話です。一応まだつづきはありますが、この話の続きではないのでとりあえず一旦終了です。ここまで読んで下さった方ありがとうございました。そしてお疲れ様でした!次回からしばらく姫守日記を更新します。

追記から本文です。

「秘色の王宮」が初めての方へ:キャラクター紹介はこちら

もしよかったらぽちっとしてやってください☆
にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村

続きを読む

スポンサーサイト

魅力のあるタイトル

を、つけるのはとても難しい。
少し前に本屋でタイトルに惹かれて買って好きになった作家さんが恒川光太郎さんなんですが、その時の目を引いたタイトルが「南の子供が夜いくところ」でした。
これを見た時に、すごい惹きつけられました。何だろう、夜にどこ行くんだろう、と。これが多分「南の」がついてなかったら私的には全然気になるタイトルではないんですが、「南の子供」ってところに、何か限りない魅力が!想像をかきたてられました。

つまりはそういう事なんですよね。小説は基本文字だけで勝負なんだから(本になったら表紙がつきますけども)、最初に目に入る数文字で相手の心を掴まなきゃいけないんですよね。今までそれについてほとんど考えていませんでいた。タイトルが思いつかないからやっつけでそれっぽい文字を当てはめていました。

さて、冷静に考えてみよう。それぞれタイトルしか書いてない表紙が真っ白い本が何冊かあって、最初に触れた本を一冊持って帰っていいよと言われた時、その中に一冊「姫守日記」というタイトルの本があって、私は真っ先に手に取るか……うん、とらないな。
そもそも姫守日記とか題名から中身が思い浮かばないし。時代物か?みたいな。しかも読んでみても中身は時代物ではないわけですしねぇ……。

ファンタジーだったらファンタジーの、SFだったらSF好きの読者の気を引くタイトルを考えないといけないですね。次からはもっとタイトルを大事にしようと思います。


ランキング押してくださる方、拍手押してくださる方ありがとうございます!更新の励みです。追記からコメントのお返事です。

続きを読む

小説を書くのは趣味か否か

小説でもなんでも何か創作を進めないと気が焦るっていうかなんていうか、とにかくうああああああってなるんですよね。で、友人にそれはなぜ?と聞かれてなんでだろう、と考えてみました。

まず、成果が見えない。これはもちろんありますね。
あと、小説家になりたいとか言いながら、なんにも書いてない。終わってますね……(しかし現状いまこれ)。

「辛いからやりたくない、でもやらなきゃならない」というジレンマを常に抱えているというか。とにかく何かを作り出したいという欲があって、それを満たしていないから焦るのかも。

そんなことを考えながら、今まで小説書くのは趣味です、と言ってましたが趣味とも違う気がしてきました。もちろん小説を書いてお金を稼げていない現状は趣味以外の何物でもないんですけども。

創作活動以外の趣味は基本的に楽しいだけなんですよね。本読んで美術館行ってわくわくうきうきして終われる。でも創作活動はもちろんわくわくうきうきもしますが、それ以上に辛い。なんで平日とかただでさえ二時間も無い自由時間をこんな脳みそ捻って過ごさなきゃいけないのとか。その時間もっと寝たいし、もっと本が読みたいし、みたいな。
休日もこんな読んでもらえているかも不明な誰にも得にならない小説更新に時間をかけて、その間に何冊漫画が読めると思ってんの、とかうっかり思っちゃったり。こんなつまんない小説公開して自己満足もいいところよ、とか誰かに思われてたりしそうだよなーとかネガティブ発揮しちゃったりとかさ。
でもなぜかやってしまうのよね。辛いけどやらずにはいられない。

創作活動>趣味

の順序は私の中で揺るがなくて、ある程度納得できるくらい創作関係の何か(ブログ更新も含めて)してからでないと、趣味が楽しめない。だからなぜか現状創作活動には義務感も含んでいる気がする。が、何に義務を感じているんだろうか。
早く一発当てないと老後に困るから、とか?……でも別に金持ちにはならなくてもいいと思っている私は創作活動をしている時間を全部英語に回した方がよっぽど先が明るいだろう。ゆえに、これは合理的ではない。
わりと損得勘定で動く人間なのでこれは私の中では珍しい事例。ふむ、これが「好き」ってことなのかな。「情熱を傾ける」ってこういう事を言うのかもしれない。

以前、「小説を書かなくても生きられる」、と書きましたが、それは間違いではないんだけれど、「小説を書かないと楽しくは生きられない」というのは私の中で正しい事柄のような気がします。義務を果たしてからでないと遊びが楽しめないってことですね。まるで学校の宿題みたいだな~。笑。あ、これぞまさに「いやよいやよも好きのうち」か!(違)

もしよかったらぽちっとしてやってください☆
にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村

Twitterまとめ 1

初心を忘れない為とかその他色々な理由で残しておきたいツイートのまとめです。システム上で自動でツイートをブログアップする機能もあるようですが、そうすると本当にどうでもいいツイートであふれかえるので時々マニュアルでまとめます。笑。


私に足りないもの、それは勇気。勇気が足りないからいつまでたっても英語が上達しないんよな。わかってても最適解で行動するって難しいよねぇ。。。

ヒストリアSP見た。はじめは伊400かっけぇ!とかちゃらちゃら見てたけど最後は泣いた。政治的な善悪は別として「戦争があった」という事実は伝えていくべきだと思うの。

ひとりで写真展に行っちゃう位には廃墟好き。SF好きなのもあるけど、往時に思いを馳せて勝手に脳内ドラマを作り上げてる。栄枯盛衰のロマン的な。桜見るのと同じ感覚。妄想力逞しいと人生は楽しいです。

日々を楽しく過ごすには、自分以外には期待をしないことだと思うの。相手に期待をしなければ何かをしてもらったら嬉しさ倍増、嫌なことされてもショックは軽い。他人に期待しすぎると素直にありがとうが言えなくなる気がします。これは寂しい考え方なんだろうか......はて?

理想と現実はいつだって解離してて、その差が大きいほどストレスが大きいから、理想は低めに持った方が穏やかに生きられるよね。でもそうすると向上心がなくなるから、自分一人で完結できる事は理想を高くした方がいい。なるほどだから私おひとりさま大好きなんだな。

物語の時代背景的には大正ぐらいが一番好き。レトロモダンに限り無い浪漫を感じる。その辺りのタイムトラベルものの話を考えてるんだけど、リアリティを出すためには色んな資料を読み込まないと。。。近くに図書館が欲しいです。切実に。

高級腕時計の中身が好き。歯車とかゼンマイとかルビーとか、文字盤外して動いているのを無心に眺め続けられる自信がある。なんだろう少年の心を刺激するんだろうか。欲しい訳じゃない、中身を眺めたいだけなんだ.......

メトロミニッツ6月号地中海の歴史面白かった!西ローマ帝国滅亡のころが中世の始まりとか。知らんかった。しかしこんな文字数の多いフリーペーパーなかなか無いね!

オキシトシンという幸せホルモンがあるらしい。私結構これ分泌してる気がするよ。だからストレス多くても耐えられるんだな~。楽しく生きなきゃ人生は損だと思うの。

江談抄面白そうだな。小野篁の伝説が書かれてるんだって。鬼灯様を読んでから地獄と篁さんに興味津々です。この前国立博物館で篁さん見たよ!

電車の広告の親への手紙でうっかり泣きそうになる。飽食の時代を生きててごめんなさい。食への感謝を忘れててごめんなさい。物質的豊かさと幸せは比例しない。

あしはら先生の単調になりそうな説明回できっちり爆弾落として終了させる構成力は本当に感動する。バトル回もだけどあの少ないページ数での一話のバランスがすごい。キャラ萌も確かにしてるんだけど、それ以上に話の造作が好き。ほんとに見習いたい。

英語の最高の上達法は「必要に迫られる」だとか。確かに英文法なんて現在形と過去形しか覚えてなかった私が、長いビジネスメール読んでるんだから慣れってすごい。でもやっぱり文法わかんないと細かいニュアンスがわからない&読めるけど書けない。はい、勉強します。

ブラック企業の呪いで足が痛いよぅ。しくしく。一度壊した身体は10年たっても癒えません。。。今ブラックにいる方は出来るだけ速やかに今後を考えた方がいいと思うの。でもブラックにどっぷり浸かってると今後を考える思考能力が残ってないんだよね。回りの人はぜひ止めてあげて下さい(´Д` )

幸せになりたいって良く聞くけど、はたして自分にとっての幸せをちゃんと定義してるんだろうか。それが曖昧なまま幸せになりたい、なんて思ってたって幸せになれる確率は宝くじ当選並みの狭き門ではないだろうか。幸せになるための計画的な作戦が必要だと思うの(と、唐突に語ってみる)。

色々あったけど、高校~ブラック企業の10年弱が辛すぎて今は何が起きても大抵楽しめる。あの時に比べれば大したことないやって思う~。過ぎてしまえば辛いことも悪いばっかりではないです。

昨日気づいたけど「辛いこと」には「辛くてやりたくないこと」と「辛くてもやりたいこと」の二種類あって後者を持っていると人生は楽しい。

秘色の王宮のもとは、崖の上で17歳くらいの王子様とお付きの褐色の肌の少年と騎士の青年が侵略からの防衛戦で戦況を話している夢を見たのがきっかけだったんだけど、いつの間にか中途半端な王宮ものになってた。いつか夢のシーンを再現したい。


213ツイートまでまとめ。
※TwitterIDは「tasuku_yc」。トップの記事「ご案内」からリンクしています。

秘色の王宮 6

秘色の王宮 6話目。

前回も今回も区切りの都合で短いので早めに更新。
追記から本文です。

「秘色の王宮」が初めての方へ:キャラクター紹介はこちら

もしよかったらぽちっとしてやってください☆
にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村

続きを読む

四兎くらい追って二兎くらい得れたらいいな!

Twitterアイコンその2

Twitterアイコン案その2。使わなかったけどもったいないから色塗ってみた。色塗りは楽しいのでわりと好き。

***

新しく投稿する予定のお話の大枠は出来たけれど、いまだに細部がまったく煮詰まってません。というか、それを煮詰めるために時間を割いていません。かれこれ一年近く新しい話を書いてない気がする。凹む。
転職活動と英語勉強と創作活動と家の片づけ(含む積読消費)を同時進行するのはさすがに厳しかったか……。
主に時間を使っているのは英語と片づけ。犠牲になっているのは創作活動と積読消費。積読を片付けない事にはいつまでたっても部屋が片付かない!
どれかに振り切ってちゃんと一つずつ片づけた方が早く事が終わる気もするが、英語と創作活動は一定期間打ち込んだからってどうにかなる気は全くしない。ゆえにすべてをだらだら同時進行状態。何かもっと抜本的な改革が必要な気がするな。
……通勤時間を短くする、がいま思いつく簡単な解決策なんだけど、簡単なようで一番難しい通勤時間!うーん。人生は難題ばかりだなぁ。
でもとりあえずここ当面の課題だった創作活動(絵)は終えたので、どうにか小説にスイッチ出来る様に頑張ろう~。

秘色の王宮 5

秘色の王宮 5話目。

色々忙しい期間を終えたので、更新再開します。
お待たせしている方はいないと思いますが万が一いらっしゃったら、お待たせしました~。
しかも再開早々話の区切りの関係で短いです。。。あううう。すみません。

追記から本文です。

「秘色の王宮」が初めての方へ:キャラクター紹介はこちら


もしよかったらぽちっとしてやってください☆更新の励みです~。
にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村

続きを読む

低気圧に弱いのです。

天候が崩れると大体だるくなります。
梅雨が来るとまただるだるになるなぁ。でも雨は恵みですからね。私の体調なんぞより大切ですね。
だるいくらいならまぁ許容範囲なんですが、ひどい時は片頭痛がでます。でも頭痛は耐えられる程度なんですが、異常な眠気が出るときは本当に辛い。仕事しながら寝そうになる……。あと関節痛。
頭痛+眠気+関節痛で、毎回「とうとうインフルエンザに罹ったか!」と思います。人生で一度もインフルにかかったことがないので~。で、天気図確認して、なるほど低気圧か、と。ちなみに、低気圧だと確認できると心的負担が減って体調が楽になるそうですよ!私の場合は楽にはならないけれど「ま、仕方ないか」と色々諦めはつきます。笑。
365日のうち、体調が万全!完璧!な日の方が少ないので(笑)、若干体調不良が通常運転。そのせいか気持ち的には体調不良に強いです。でも無理すると倒れるから無理はしない。そしてちょっと通常運転に戻ると、体力作りをしなきゃと病気中に思ったのに忘れているという。。。

ランキング押してくださる方、拍手押してくださる方、ありがとうございます。
追記からコメントのお返事です。

続きを読む

プロフィール

祐

Author:祐
死ぬまでに物書きになりたい夢見がちな一般人。
驚くほどの遅筆ですが、数年に一作仕上げて新人賞に応募しています。傾向はややファンタジー。

※夕昏は正式には「ゆうぐれ」と読みません。そんな日本語が存在しているのかも微妙な線です。雰囲気のみで決めた名称ですのでご了承ください。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。