FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息も絶え絶え……

花粉と風邪のハイブリッドで喘息様発作が出ております。
まぁ正確な理由は不明ですが、お医者様の見立てでは「花粉で痛めつける→風邪で痛めつける→喉の組織崩壊」の流れのよう。喘息かどうかはまだ不明です。でもおそらく一過性のものだろうとのこと。
今これ書いているこの時にも喉がうひぃってなって息が詰まるんですが、昨日喘息の薬を処方してもらってなんとかPCくらいなら出来るまで落ち着きました。昨日呼吸器科行くまでの四日間、咳こみすぎて夜も眠れない……って状況だったのでだいぶ落ち着きましたよ。良かった。
喘息辛ぇ…まじつれぇ……。これから喘息持ちの方に優しくしてあげられそうな気がします。咳こみすぎて横っ腹通り過ぎて背中まで痛いよ。ちなみに喘息の薬貰う前に内科で貰った風邪薬飲んでたんですが、大人より少なめに処方してもらったのにやっぱりお腹下したよー。喘息の処方も五種類くらい薬あるんですが、お腹下すのも時間の問題な気がするな。。。。

はーなんもしないと一日って長いな。。。。寝てんの飽きたのでブログってますが結構ゼイゼイしております。(寝てろって感じですが、でも横になるともっと苦しいんだよ!)あ、そうそう咳って副交感神経が働いているとき(リラックスしてる時)の方が酷いそうですよ。どうにか咳を止めたくて咳のメカニズムをネットで超調べました。笑。ツボ押しとかしたけどほとんど効果なかったYO。涙。

みなさま、長引く咳にはどうぞ早めに呼吸器科へ行きましょう!
スポンサーサイト

結局病院のお世話に。

見事に風邪をこじらせました……。咳のしすぎで腹筋が筋肉痛。。。いてぇ。。。
そんなわけで元気になるまで消えます(すでに消えてるけども)。皆様も体調にはご注意くださいませ。。。

風邪と美術館。

会社帰りに美術館に行ってきました。
……ら、美術館を出るころには喉が痛く、今日起きたら頭が痛いです。はい、風邪っぴきー。
葛根湯飲んで朝から寝たり起きたり繰り返してたらだいぶ良くなりました。
明日は出かけるから今日中に直さないと!
引き始めの風邪には葛根湯!と、わりと葛根湯を信奉しているので、この思い込みで治るはず。笑。
とか言いながら、花粉症だったりして。花粉の漢方薬が残りわずかででも病院へ行くのが面倒くさいので残り数包で乗り切ろうと一日一包しか飲んでないんですよ、このところ。でも大丈夫、葛根湯も花粉症に効くってグーグル先生が言ってた!
ブログなんぞ書いてないで寝てろっていわれそうですが、でも仕方ないんですよ。
寝てても起きててもブログに書くことだとか小説のネタだとかプロットだとか常時考えちゃう病気なんです、もう。脳みそパンクする前に吐き出さないとな。
脳みそが常時疲弊してるので、たまに本格的に体調不良で寝込んで脳みそ働かないほど具合悪くなると、何故か治ったときに妙に頭がすっきりしているんですよね。なんか上手に脳みそをオフにする技を身に着けたいな。座禅とかしたらいいかしら・・・。
絵(キャンバスに描く方)を描いていると結構それだけに集中できて脳みそが休まるんですが、描く準備が面倒くさくてなかなか進まないんだよな~。

・マグリット展(国立新美術館)
夜に行ったので、空いてた!いや、まぁ、マグリット展が普段どれほど混むのか不明ですが……。でも空いてたおかげで最初の方をゆっくり見過ぎて、最後が時間足らずに駆け足になっちゃった。最後の方が好きなの多かったのに。くっ。
「深淵の花」「野の鍵」「アルンハイムの地所」が好きだったな。全部ポストカードなかったけどね!涙。マグリットの三日月がなんか好き。あと、個人的に一番好きだったのは「光の帝国Ⅱ」。これ一枚の為にチケット代消費しても惜しくないと思った。他の美術展で見たことある絵が結構あったのでひそかに「9月16日」が出てないかと期待したけどなかった。残念。またどっかで出会いたいな。

で、帰りに見てきたチラシで、9月から上野でモネ展を開催することが発覚!これは行かねば!それと、新美術館で同時開催のルーブル展もちょっと気になってるんだよな。印象派より前の時代の西洋絵画はあんまり興味がないんですが、でもレンブラントとフェルメールは見たい。近々ぶらぶら美術館で放送するっぽいからそれ見てから行くか考えよう~。

本当は画像付きで記事を書ければいいんでしょうが、権利関係だのなんだの調べるのが大変なので文字だけですみません。でも基本的にこの美術館記事は自分の覚書なんで、すみませんが読み飛ばしてください~。

ランキング参加中。→

雑誌「pen」を衝動買い

だって「若冲を見よ」ですよ!……はい、見ますっ!!っていうね。
黒背景に、特殊加工の鶏が一匹。格好良すぎるだろー!
折込ででっかい象と鯨の屏風絵ついてたよ。
若冲に結構ページを割いているようです。まだ三分の一しか読んでいませんが。。。
フルカラーだからそれだけで満足。欲を言えば一つ一つの絵がもうちょっと大きいと良かったなぁ(たくさん絵を載せてるから仕方ないですが……)

ていうか、前々から思ってましたが女性誌より男性誌の方が紙面のデザインが格好良いよね。女性向けは可愛くてそれはそれで好きなんですが、飾りたいようなのは男性向けの雑誌の方が多いような。。。

お花見と美術館

目黒川の桜を見てきました。
いや、正確に言うと、たまたま中目黒に行ったら、ちょうど桜が咲いていた、が正しい。でもせっかくなので鑑賞。私絶対人の多い桜スポットなんて行かないのできっと一生に数度の体験でしょう。笑。
まぁ、うっかり外をうろついてしまったがために、翌日から会社休むほど花粉症が悪化したんですけどね!花粉で食道&胃腸がアレルギー反応を起こすとか初めての経験。やっぱり漢方じゃ薬の効きが弱いのかなぁ。。。

ちなみに中目黒には、山種美術館(下記)とはしごして、とある美術館の競馬のレースと同じ名前の美術の賞の展示会を見に行ってきました。あんまり良い感想ではないので名前は伏せておきます。
現代の若手画家さんに桜を描いてもらう賞なんですが。
うん、みんな綺麗だったよ。うん、だけど綺麗なだけだった。それ以上の感想は沸かず。こんな事言ったら大変に失礼でしょうが超超頑張れば私にも描けそう、みたいな。基本私は「こんなの絶対に私には作れない!」っていう作品が文でも絵でも好きなのであまりピンときませんでした。残念。


・花と鳥の万華鏡(山種美術館)
御舟の「翠苔緑芝」を目当てに行ってきました。いや~見ごたえがありました。基本は日本画なんですが、ちょっとゴーギャンの空気も感じるのが面白かった。色合いがとにかく奇麗。つつじと紫陽花の色が映える映える。琳派っぽい金背景の屏風なんですが、琳派の作品も出来たての頃はこんな色だったのかなっとちょっと想像が膨らみました。あと、桃花がすごく可愛くてこれは欲しいなっと。やっぱり速水御舟が好き。
あと、荒木十畝さんって人は初めて見たんですが、「四季花鳥」がすごく良かった。四季を描いた巨大な掛け軸?なんですが、本当に綺麗だった。精巧なイミテーション(小さいの)があれば季節ごとに家に飾りたいよ。
結構空いていたし、大満足の美術館でした。ただ、ひとつだけ不満を言うとすれば、ポストカードのクオリティをもう少し上げてくれ!頼むよ。。。涙。……買ったけど!

良かったらぽちっとお願いします。ランキング参加中。→

姫守日記 7、≒(ニアリーイコール) 後

姫守日記の七話目(後編)更新しました。

結局更新遅くなってすみませんでした……。
引き続き、百分の一人の方に捧げます。

星空文庫様の祐のページに飛びます。→こちら(※小説ページの右上に目次があります)

***

しばらく時間が取れなさそうなので小説の更新はお休みします。
色々用事があるんですが、とりあえずハンドメイドのイベントに出す作品作りが終わるまではそちらに時間を割きます~。お友達の皆様には今年も問答無用でポストカードを送り付けるんでよろしくお願い致しますね~。

そうそう、世界フィギュアの話をしようと思ったのですが、だいぶタイミングを逃したので、とりあえずちょっとだけ。
羽生君&宮原さん銀メダルおめでとう!!!あと女子の上位3選手の座る席でのロシア勢。いろんな意味でこれに全部持っていかれた感。笑。

ランキング押してくださる方、拍手押してくださる方、本当にありがとうございます!更新の励みです!!!
もしよかったらぽちっとしてやってください☆
にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へ
にほんブログ村

捨てられない思い出

急に書きたくなったので本の話。
私は漫画も小説も一年に一回売りに行くんですが、どうしても売れなくて残しているものがいくつかあります。その中で、若かりし日の思い出過ぎて捨てられない漫画と本が。。。
何年も読んでいないですし、本当に寝かせているだけなんだけど手放せない。ていうかもう古すぎてカビとか生えてそうで余計怖くて開けない。笑。
あ、でも思い出したので久々に読んでみようかな。いや、その前に積読を片付けろ私。

魔境学園風雲記 ハーフ&ハーフ(&ハイパー) 巣田祐里子さん
夜麻先生初期作品(レヴァリアース・幻想大陸・刻の大地) 夜麻みゆきさん
由貴先生初期作品(カインシリーズ・戎音・少年残像・螺子他) 由貴香織里さん
やまざき先生初期作品(ムシシリーズ・若菜シリーズ・ZERO) やまざき貴子さん
藤崎先生初期作品(WORLDS・PSYCHO+・DRAMATIC IRONY) 藤崎竜さん
猫シリーズ(小説) 霧咲遼樹さん

おおう、すっごく歳が分りますね!
レヴァリのシオンでマジ泣きしたのは今では良い思い出です。あの時は辛かった。。。
ムシシリーズでは今でも泣ける自信がある。

もし全部ご存知の方がいましたら、マジで仲良くなれそうです。笑。
プロフィール

祐

Author:祐
死ぬまでに物書きになりたい夢見がちな一般人。
驚くほどの遅筆ですが、数年に一作仕上げて新人賞に応募しています。傾向はややファンタジー。

※夕昏は正式には「ゆうぐれ」と読みません。そんな日本語が存在しているのかも微妙な線です。雰囲気のみで決めた名称ですのでご了承ください。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。