FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上司に物書きになりたいと言ってみた結果

キャリアアッププランを考える、という時間だった訳ですが。
(私は非正規なので上司も私が将来会社のために働くとは思っていません。何か将来の目標ないの?と聞かれたもので……笑)

で、その結果。

※どんな小説家になりたいのか最終ビジョンを決める。

たとえば……
「小説である程度の大きなお金を稼ぐ」のか
「小説でなんとか生活できる程度のお金を稼ぐ」のか
「他の仕事をしながら兼業で小説を書く」のか
「ただ、小説家という名称だけ欲しいのか」

※とりあえずデビューしてみる。
最新のヒット作を端から研究して、自分の書きたい作品ではなく、「デビューできる作品」を書く。

と、いうようなことも考えてみた方が良いんじゃないか、とアドバイスを頂きました。
笑われるの覚悟だったんですが真面目に聞いてくれたし本当に理解のある上司で有難いです(基本理系部署なのでだいぶ驚いていましたが~笑)。
今まで「書きたいものしか書けない」と思っていましたがヒット作の研究は一理あるな、と。
たまたま最近、映画化したヒット作を読んで、この読みづらい文章でOKなの……?と思った経験があるので。結局、読みやすい文章なんて私の自己満足なんですよね。そりゃ読みづらいよりは読みやすい方が良いでしょうが、最終的には話が面白いかどうかですから。特に映像化されたら元の文章なんてあまり関係ないでしょうし。
ついでにいうとその小説は正直話も面白いと思えなかったんですが、つまり私の感性の方が一般から解離してるってことなんですから、そこは一考の余地があると非常に勉強になりました。好きなものしか読まないっていうのは良くないですね~やっぱり。
とはいえ私の「話」が好きだと言ってくださる方も中にはいらっしゃるので(ありがたいです……涙)、自分の個性を残しつつ、新しいテイストを取り入れていくのも考えています。実行して成功するかは謎ですが……。

もしよかったらぽちっとしてやってください☆
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

秘色の王宮 2

秘色の王宮 2話目。

追記から本文です。

「秘色の王宮」が初めての方へ:キャラクター紹介はこちら

***

こんなたまにしか小説を更新出来ないブログですが、それでもランキングを押してくださる方がいらっしゃるようです。少しでも面白いと思って頂けているのなら本当に嬉しいです。ありがとうございます!

もしよかったらぽちっとしてやってください☆
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

続きを読む

姫守日記 反省点

新人賞に応募を終えて、冷静になった今、自作の問題点を考えてみる。

・キャラクターの名前
うっかり「青」と「空」という名前にしてしまったために文章が書きづらくなりました。状況描写に空を多用するので、「空(人)が空(上空)を見た」なんて表現は出来ないので、自然になるような言い回しを考えるのに苦労。同様に「青(人)の顔色が青い(色)」とも書けないので。。。ただ、逆にさまざまな表現を模索したので、勉強にはなったと思います。

・全体的に暗い
暗いなら暗いで暗い方に振り切れたらいいと思うんですが、中途半端なんですよね。現行12話まで完成していますが、ほとんど薄暗い(笑)。明るい話が無いわけではないんですが、ただ私の脳内にしかないんです(無いのと一緒……)。

・初期の設定が空気
「妖が神様に相談に行く」という設定が三回目以降空気。こちらも上と一緒で、この設定の話は私の脳内にはあるんですが、アウトプットされず。姫守はもともと投稿用に書いていなかったため全体の流れの構成がとにかく甘い(思いついたものを好きなところから書いてた)。最初からバランスを考えて書き進めるべきだったと思います。

・時々難しい言葉を使う(らしい)
本人的にはそんなに難しい言葉を使っている自覚はないのですが、私の数倍本を読んでいる人に言われました。なので恐らく私はあまり一般的ではない言葉選びをしているんだと思います。というか、良く無い事とは思いますがここ五年くらいほとんど小説を読んでいないので、最近の一般的な小説の文章が分らない……(ここ数年、好きな作家さんの新作以外ほとんど読んでないんですよ。色々読みたいんですが余裕が無い。涙)。難しい言葉も私の文章の「個性」と言えばいいんでしょうが、伝わらない言葉に意味はないですからねぇ。難しいです。

・ドラマチックな展開が無い
ご都合主義が嫌いなので、出来る限り排除しようと努力した結果、ドラマチックな場面がなかったんじゃないかな、と。たとえば「世間知らずの御嬢さんが裏道で襲われたところをイケメンが助けてくれる」とか王道で格好良い場面かと思いますが、私的にはそんな都合良い展開ありえねぇよって思ってしまうんです。「襲われたその瞬間にちょうどイケメンが通りかかる?いやいや無理でしょ」みたいな。だけど、私が本当にお話が上手だと思う作家さんは、その偶然を必然にするんですよね。伏線を張って下地を作って、イケメンがその時間その場所を通りかかる必要があるように話を持っていくんです。そういうのは読んでいて気持ち良いですしすごいなって思います。ドラマチックな場面までいかに不自然がなく持っていくか、こちらも難しい課題です。

以上、今回の反省点でした。まだまだありそうだなぁ。
あ、それと……小説のハウツー本の類を読んだことがないので、超当たり前の事書いてたり、的外れな事を書いていたら見なかったことにしてください。。。。


もしよかったらぽちっとしてやってください☆
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

プロフィール画像!

やっと完成しました。長かった~。

頑張りました。私が描いたわりには結構良くできた気がする☆(珍しく上手くできたのでテンション高め)
……て、自分からハードル上げてますね。笑。
実は一度目が残念すぎて、同じ原画を塗りなおしました。その酷い一度目もあえて掲載してみる!これだけ、進歩したんだと思っていただけると幸い。(←ハードル下げ工作)

なんだか下手な絵をさらすのは全然OKなんですが、下手な文章は出来る限りさらしたくない自分がいる。やっぱりこんなんでも物書きなんですねぇ私……。

追記から、イラスト載せてます。よかったらどうぞ!

続きを読む

次の作品。

が、思い浮かばない。困ったな。

いや、正確にはネタ切れなわけではないんです。新しいお話のストックはいくつかあるんですが、そのどれもが明らかに新人賞に応募できるページ数で終わらない自信がある……。うぐぐ。
姫守を800ページくらい書くのに四年かけてる(遅すぎる…)ので、あんまり長い話を書くとまたいつ投稿できるのか、ていうね。しかもそれだけ時間をかけると明らかにブログに掲載するものが無くなる(ここわりと切実!)。
なので短編or300ページ位で完結できる話を考えているんですが、なかなか出てこない。というか、悩んでいるうちは出てこないんだよな~。私はどの話もなんでもない時にひとつ何かを閃いてそこから話を組み立てるので……。ふむ、とすると今の私に必要なのは遊ぶことかな。最近ブログに情熱傾いててあんまり遊んでないし。創作系のサイトやブログをやっていると遊びに行く回数が減るからお金がたまるんですよ。笑。
とりあえず、そのたまったお金を使って温泉でも行ってこようかな~。たまには脳みそに休養を与えないと!(といつも自分を甘やかす。……あれ?だから遅筆なの……か…ばたり。)

秘色の王宮 1

秘色の王宮 1話目。

のんびり連載しますので、どうぞよろしくお願いします。
追記から、本文です。

「秘色の王宮」が初めての方へ:キャラクター紹介はこちら

もしよかったらぽちっとしてやってください☆
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

続きを読む

秘色の王宮 0

秘色(ひそく)の王宮

中世ヨーロッパ風(あくまで「風」)の王宮物。口の悪い王子とその周りの人たちの日常。
思いついたネタから書きたいところだけをつまみ食い方式。好きなものだけ詰め込んだ感満載。それほど深く考えて書いていないのであまり細かいところに突っ込まずにお読みいただけると大変助かります。
※こちらは旧サイトに載せていた作品を文章を修正ののち、再録しています(大筋のストーリーは変わりません)。

追記からキャラクター紹介。

もしよかったらぽちっとしてやってください☆
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

続きを読む

やったね☆

11月に受けた試験、合格してました!

仕事に関係のある資格なので、転職に少しは役立つといいなぁ!!と、テンション上げたふりしていますが、結構転職は憂鬱です……。ブラック企業の呪いで病院通いは続けないといけないし、なかなか前途多難です。むむ。小説書きながら週3くらいでバイトして生活していくのが理想!(←転職するより遠い道ですねぇ……)

まぁ、でも悩んだところで仕事は決まらないので、行動あるのみですね~☆仕事も探せばいいところあるよ、多分!笑。頑張れ私!!


ランキング押してくださる方、拍手押してくださる方、本当にありがとうございます!!更新する元気が出ます!

ちょっといいこと(&美術館)

ありそうな、正月休みでした。

ああああ、休みが終わりますね。

近所の神社でおみくじを引いたら大吉でした!(……でも実はおみくじで大吉以外をひいたことがあんまりないんですが・笑)
『生きがいはこれから、情熱を燃やすべし』って書いてありました。なんかすごいぞ!ちょっと頑張ろうって思えたお正月でした。さしあたって明日から仕事に行くのを頑張ろう、うん。おそらく今年中に転職しなきゃならない気がするので、ちょっとマジで頑張らないと……次こそは近くの職場を……(会社が引っ越しをしたため、現在通勤が片道1時間30分超なので~涙。あ、転職理由は引っ越しの為ではないです。。。)

・ティム・バートンの世界(森アーツセンターギャラリー)
驚きの混み具合でした。正直、そんなにティム・バートンのファンでもない(すみません、けして嫌いじゃないんですよ。映画はいくつか見てますし)ので、詳しくは知らないんですが、なんとなく面白そうだったので。パンフレットでステインボーイを見て、それだけを目当てに行ったと言っても過言ではない。ステインボーイのストーリーとかまったく知らないんですが、青背景で一人で立っている絵の何とも言えない物悲しい感が私の心にひしひしと響いた!私の心の自信がない部分や卑屈な部分を抽出して捏ねて纏めて形にしたらこんな風になるのかも、みたいな(妙な感想ですみません。ただ、初見でそう思ったんですよ・汗)。そして気づいたらポストカードをたくさん買って帰ってきてました。恐るべしティム・バートン!!

良かったらぽちっとお願いします。ランキング参加中。→

言い訳しかありません。

本日二度目の更新。いえー!(ちょっとテンション上げて頑張ってみる)

今日は五年ぶりくらいにイラストのリハビリをしてましたが。
あまりの下手さに凹んでもうイラストを載せるのをやめようかと思ったのですが、でも以前イラストを載せると宣言してしまったのでせめて一度くらいは載せないと、と頑張りました。昔はよくこの絵でWEB公開してたな私。若気の至りって怖い。。。

というわけで、追記からイラスト載せてます。
※残念クオリティ
※顔だけ
※鉛筆描きに色塗り
以上、問題ない方だけご覧ください。あ、ちなみに姫守のキャラではありません(イメージ壊れると申し訳ないので……)

続きを読む

プロフィール

祐

Author:祐
死ぬまでに物書きになりたい夢見がちな一般人。
驚くほどの遅筆ですが、数年に一作仕上げて新人賞に応募しています。傾向はややファンタジー。

※夕昏は正式には「ゆうぐれ」と読みません。そんな日本語が存在しているのかも微妙な線です。雰囲気のみで決めた名称ですのでご了承ください。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。